第九はブロムシュテット、アナログ時代の名録音

  • 人気ブログランキング

L・V・ベートーヴェン作曲
交響曲第9番ニ短調作125「合唱付き」
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮
ドレスデン・シュターツカペレと合唱団
デーゼ(S)、シムル(A)、シュライヤー(T)、アダム(Bs)
1980年録音

 

来年で90才を迎える現役の巨匠。
僕が実演で聴いてもっとも感銘を受けた指揮者です。

 

ベートーヴェンの交響曲全集は75年から80年に掛けて行われ、アナログ録音がもっとも成熟した時代の録音、しかもオーケストラが、名門ドレスデン国立管とくれば、数あるベートーヴェン全集の中でも、群を抜いた響きの美しさは当然でしょう。

 

全集の録音も回数が進むにつれ充実して80年に録音された第九が集大成。スタンダードな表現としては、録音の良さ、響きの美しさ、声楽陣の充実、そして、まだ50代前半で心技体が充実したブロムシュテットの中庸の表現は、第9はもちろん、ベートーヴェン全集としてもっともお勧めにCDです。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング