クレンペラー 史上最速のブルックナー

  • 人気ブログランキング

ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」

 

オットー・クレンペラー指揮
ウィーン交響楽団
1951年3月11日~15日

 

クレンペラーというと後年の録音にあるように
遅いテンポで刻明に演奏して行くとタイプと思われがちですが、
それは1960年代、クレンペラーが70代も中盤以降になってからで、
それまでは、現代音楽も得意とし、早いテンポで素っ気ない指揮をする人だったようです。

 

例えば、1955年のベートーヴェンの第5番「運命」なんて、
後年のクレンペラーからは想像できないような颯爽としたテンポで
覇気溢れる演奏を展開しています。

 

そして今日紹介する、ブルックナーの4番「ロマンティック」は、
笑っちゃうくらい早いテンポで、なんと通常の指揮者で60分前後のところを51分で駆け抜けています。

 

これはもしかして録音状況にも関係しているかもしれません。
当時は当然30センチLP時代。
片面で30分超えることはないですし、
このクレンペラーの録音時間を見ると第1と第2楽章の合計と
第3と第4楽章の合計が共に25分台。
なんか時間合わせた感が強いですね。

 

 

あと面白いのは、第2楽章の第2主題の旋律をチェロのソロで弾かせています。なんか箱庭的なブルックナーで笑えますね。

 

クレンペラーのある時期の貴重な録音として価値があると思います。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング