ワルター モーツァルト交響曲集 モノラル

メルマガ登録

こんにちは、
ともやんです。

1984年に制作された映画「アマデウス」の挿入曲。
この25番は、冒頭シーンに効果的に使われています。

ワルターのモノラル盤は、テンポを大きく動かして、劇的な演奏を展開しています。まさに疾風怒濤のモーツァルトですね。

ワルターと言えば、後年のコロンビア響とのステレオ録音が有名で、名盤も多いですが、大らかさ、豊潤さ、美しさが前面に出ていて、それがワルターのイメージになっていますが、壮年期の演奏を聴くとイメージが覆されます。

感興の起伏の大きく劇的に表現されて、時には空回り的な演奏もありますが、かえって感銘を与えてくれます。

クラシック音楽の楽しみ方は、正確で間違いのない演奏だけを求めるのではなく、技術プラスその音楽かっだらどう表現するか?を求めています。

ワルターだったらモーツァルトをどう表現するか?
フルトヴェングラーだったら?
トスカニーニだったら?
カラヤンだったら?
クレンペラーだったら?
そして自分だったらどう表現したいか?

それがクラシック音楽の楽しみ方の一つですね。

ワルターがコロンビアの録音したほぼ全てを収録したボックスセット。
CD77枚組ですが、一緒の宝物になると思います。
今回ご紹介したモーツァルトは、27枚目に収録されています。

ブルーノ・ワルター ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション

おすすめサイト

僕ともやんが、運営しているサイトをご紹介します。
ぜひ、チェックしてみてください。

ベートーヴェン 交響曲 おすすめ

ベートーヴェン交響曲全集50選

クラシック名盤 感動サロン別館

「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。
メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、以下のURLをクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓
メルマガ「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

この記事を書いた人
ともやん

1957年、富山市生まれ。小学生の時、NHK交響楽団を指揮する岩城宏之氏を観てから、クラシック音楽に興味をもち、今日まできました。
現在、LP、CD、カセットテープを含めて約1000枚を所有しています。
好きな作曲家は、ベートーヴェン、ブルックナー、ブラームスと硬派です。
特にオーケストラ曲の名盤、珍盤、とんでも盤をご案内して行きたいと思います。
お付き合いのほど、よろしくお願いします。

ともやんをフォローする
ドイツ・オーストリア 指揮者
ともやんをフォローする
クラシックの名盤 聴かずに死ねるか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました