第九はセル、究極の機能美

  • 人気ブログランキング

L・V・ベートーヴェン作曲
交響曲第9番ニ短調作125「合唱付き」
ジョージ・セル指揮
クリーブランド管弦楽団と合唱団
アディソン(S)、ホブソン(A)、ルイス(T)、ベル(Bs)
1963年録音

 

ジョージ・セルのベートーヴェンでは、第3番“英雄”のLPに一時聴き惚れていた頃があります。

 

明快で颯爽として推進力のある演奏は、英雄の曲想に相応しいと感じので、その現代オーケストラの極致のような合奏力に圧倒されたためだと思います。

 

この第九も同じことが言えます。

 

この演奏に触れると朝比奈隆の演奏に触れるともどかしくなるかもしれませんね。

 



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング