フルトヴェングラーのライブが最高の音質で蘇る

  • 人気ブログランキング

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)
ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
バイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102

ウィリー・ボスコフスキー(バイオリン)

エマヌエル・ブラベッツ(チェロ)

 

ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1952年1月27日 ムジークフェライン大ホール

 

アルトゥスのレベール15周年の記念限定盤として発売されたもので、1950年代から90年代に掛けてのウィーンフィルのライヴ録音集です。

 

アルトゥスは1990年に立ち上げたレベールで、プロデューサーの斎藤啓介氏は、往年の名指揮者のライヴ盤を多くリマスターしています。
斎藤氏のリマスターは、過度な修正をしないで、会場の空気を伝えてくれるかのような音質が好感を持たれています。

評論家・許光俊氏も自著の中で、斎藤氏のリマスターを絶賛しています。

 

この限定盤も斎藤氏がプロヂュースしていて、ウィーンフィルの美しい音色が十二分に楽しめます。

特にダブル・コンチェルトのバイオリンとチェロの瑞々しい音色が見事に再現されていてうれしい限りですね。

 

フルトヴェングラーの指揮は、曲が曲だけに大人し目ですが、変奏曲の変奏7のアダージョでは、テンポをぐっと落として、情感溢れる表現でその感じが堪りません。

 

協奏曲では、二人のソリストを主役に据えて堅実な伴奏を行っています。

 

なんと言ってもフルトヴェングラーのライブが、素晴らしい音質で
楽しめるのが最高ですね。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング