クレンペラーの英雄 50年代も凄い!

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

 

オットー・クレンペラー指揮
ケルンWDR放送交響楽団
1954年(ライヴ)

 

クレンペラーの偉大な演奏スタイルは60年代になって完成したと言われています。

 

そしてその演奏が伝える芸術としての深さ、大きさも60年代に入って、

クレンペラーも70代半ばになってからとも言われています。


僕の好きな評論家・宇野功芳氏もクレンペラーの60年代の演奏をt高く評価しています。

 

ところが最近の僕は、50年代半ば、クレンペラー70才前後の演奏もいいあな、と感じるようになりました。

 

なんと言っても早めのテンポで剛毅な演奏は、なんかワクワクさせてくれます。
この英雄もライブというこもとあり気迫のこもった名演です。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング