グレン・グールド ブラームス間奏曲

メルマガ登録

こんにちは、
ともやんです。

悲しいときに楽しい曲を聴くと余計落ち込んだりします。

悲しいとき、落ち込んだ時、失恋した時、世の中に嫌になった時、
自棄になった時、グールドの弾くブラームスがおすすめです。

スローなテンポで情感込めて弾くブラームスは、
落ち込んだ気持ちにより重く響きますが、ブラームスの曲の中の
かすかな微笑みの部分が、とても大きな喜びに感じる瞬間もやってきます。

言葉も交わさず、そっとそばに寄り添ってくれる、
そんな演奏がグレン・グールドが、届けてくれます。

ゴールドベルク変奏曲(1980年盤)と並んで、
僕の特に好きなグールドの録音です。

グレン・グールド(ピアノ)
ブラームス:間奏曲集
1960年9月&11月録音

ブラームス:間奏曲集 他 グレン・グールド

芸術家人生の大半を、ひとりスタジオで生きたグールドが遺した膨大な量の録音は、時間の経過とまったく無縁のように、常に新鮮な感動を聴くものに与えてくれます。グールドというとバッハが有名ですが、1960年に録音したブラームス晩年の作品から間奏曲ばかりを集めたグールドの隠れた名盤です。郷愁と渋いロマンに満ちたブラームス晩年の枯淡の境地をグールドが慈しむように演奏しています。カップリングには、グールド最後の録音となったの82年録音のブラームス「バラード集」と「2つのラプソディ」から抜粋、瑞々しい詩情に満ちあふれた佳作です。

おすすめサイト

僕ともやんが、運営しているサイトをご紹介します。
ぜひ、チェックしてみてください。

ベートーヴェン 交響曲 おすすめ

ベートーヴェン交響曲全集50選

クラシック名盤 感動サロン別館

「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。
メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、以下のURLをクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓
メルマガ「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

この記事を書いた人
ともやん

1957年、富山市生まれ。小学生の時、NHK交響楽団を指揮する岩城宏之氏を観てから、クラシック音楽に興味をもち、今日まできました。
現在、LP、CD、カセットテープを含めて約1000枚を所有しています。
好きな作曲家は、ベートーヴェン、ブルックナー、ブラームスと硬派です。
特にオーケストラ曲の名盤、珍盤、とんでも盤をご案内して行きたいと思います。
お付き合いのほど、よろしくお願いします。

ともやんをフォローする
ピアニスト ブラームス
ともやんをフォローする
クラシックの名盤 聴かずに死ねるか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました