フルトヴェングラーのチャイコフスキー悲愴 忍び寄る戦争の足音

  • 人気ブログランキング

1938年のナチス政権下での不穏な時代に録音された
フルトヴェングラー指揮ベルリンフィルのチャイコフスキーの悲愴のレビューです。

チャイコフスキーの交響曲の曲想は、フルトヴェングラーの深刻で厭世的な
演奏によくマッチするように思いますが、

残されている録音は、少なく、
第4番と第5番は、1種類ずつだけで、

悲愴も、この38年のSP盤と51年のカイロでの、
ベルリンフィルとのツアーのライヴだけです。

この38年盤はスタジオ録音です。

迫りくるナチスによる戦争の足音とカラヤンの出現に嫉妬しだす頃のフルトヴェングラーです。

▼ ▼ ▼

フルトヴェングラーの名盤 チャイコフスキー悲愴 戦争の足音とカラヤン

メルマガ「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」を始めました。

こちらのアルゲリッチのアイコンをクリックしてください。
メルマガ購読はもちろん無料です。
↓ ↓ ↓

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング