クレンペラー83才 戦慄のライブ

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:コリオラン序曲
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 作品60
シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759『未完成』

 

オットー・クレンペラー指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
1968年5月26日(ベートーヴェン)
1968年6月16日(シューベルト)

 

幾多の苦難を乗り越えて、83才のクレンペラーが、
ウィーンフィルと共演した記念すべき録音。

 

何気なくプレーヤーにCDをセットして、最初のコリオラン序曲が始まった瞬間、僕は背筋を伸ばし姿勢を正していました。

 

これは生半可な演奏ではない、文字通り命を削っての凄まじい演奏です。
こんなに重く、魂にずしっと来る演奏録音はないでしょう。
ライブならではの戦慄の演奏です。

 

評論家・宇野功芳氏が、あるCDのライナーノーツに、
クレンペラーの演奏を、情熱の氷づけと評しましたが、
まさにこの演奏のことです。

 

遅いテンポで刻明に再現して行くのハードボイルドな演奏です。

 

シューベルトは別の日のライブですが、
第2楽章にふと郷愁を感じる優しを感じるところがたまりません。

 

まさに聴かずに死ねない録音です。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング