クレンペラーのベートーヴェン・ライブ

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン 交響曲第1番ハ長調作品21
オットー・クレンペラー指揮
フィルハーモニア管弦楽団
1960年ウィーンでのライブ録音

 

僕は、中古レコード店に行くのが好きです。
20代の頃はよくお茶の水や渋谷に行ってLPを物色していましたが、最近は、新宿のディスクユニオンに行くことが多いですね。

予算を決めて気ままに選ぶのが何よりも楽しいです。

 

選ぶポイントはほぼ直感。
当然当りもあるし、ハズレもあります。

 

最近買った当りが、クレンペラーのライブ録音10枚組。
ベートーヴェンの交響曲全集、ブルックナー、ブラームスの交響曲選集で、一部スタジオ録音もあります。

 

さっそくベートーヴェンの1番を聴いたところ、
おおおおおお!クレンペラー晩年のスタイルではないか。
録音もよく観客の拍手もカットされず、臨場感もあって、感動的な演奏です。

 

評論家・宇野功芳氏も、クレンペラーは、60年代以降、テンポが遅くなり内容も充実してきた、とコメントしていますが、この60年の録音はすでにそのスタイルでした。

 

なお、カップリングの3番「英雄」は、1954年のライブ録音で、
その域に達していないのが残念です。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング