シューリヒトの名盤 ブラームス交響曲第4番は、その妙技に感銘!

  • 人気ブログランキング

シューリヒトが、
バイエルン放送響を振った、
ブラームスの交響曲第4番。

 

フランスのACCディスク大賞を受賞している名盤。

 

軽やかな中に深い味わいがある、
シューリヒトの芸術を知るには最適の名盤です。

 

よくシューリヒトの演奏を評して
枯淡の境地なんて文句を見ることがありますが、
それって録音やリマスターが悪いんじゃない?

 

このスクリベンダムのCDは、
名技師イアン・ジョーンズのリマスターで、
充実した響きを再現しています。

 

緩急自在、ブラームス最後の交響曲を

活力溢れる演奏で再現しています。

 

また、一緒に入っている『悲劇的序曲』

『ハイドンの主題による変奏曲』も名演です。

 




 

 

カール・シューリヒトの名盤 ブラームス交響曲第4番

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第4番 ホ短調 Op. 98
Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98

 

1.(12:14) I. Allegro non troppo
2.(10:34) II. Andante moderato
3.(06:02) III. Allegro giocoso - Poco meno presto
4.(10:11) IV. Allegro energico e passionato - Piu allegro
total(39:01)

 

バイエルン放送交響楽団 - Bavarian Radio Symphony Orchestra
カール・シューリヒト - Carl Schuricht (指揮)
録音: September 1961, Munich

 

* * * * * * * * * *

 

5.(11:44)悲劇的序曲 Op. 81 6.
Tragic Overture, Op. 81

バイエルン放送交響楽団 - Bavarian Radio Symphony Orchestra
カール・シューリヒト - Carl Schuricht (指揮)
録音: September 1961, Munich

 

* * * * * * * * * *

 

6-15.(18:06)ハイドンの主題による変奏曲
Variations on a Theme of Haydn Op.56a

バイエルン放送交響楽団 - Bavarian Radio Symphony Orchestra
カール・シューリヒト - Carl Schuricht (指揮)
録音: September 1961, Munich

 

カール・シューリヒト・コンサート・ホール・ソサエティ・ボックス

 

記念すべき"コンサート・ホール・ソサエティ"復活CD化シリーズの第1弾にして、2003年の大きな話題盤。シューリヒトは、"ドイツの正統"を最も実感させてくれる名指揮者の一人。大戦前のBPO、戦後のVPOとの共演は、オーケストラ芸術の理想形と呼べるのではないでしょうか? そして、今回の10枚組CDセットによる大量復刻! 安定供給出来るレーベルではございませんので、お早めにどうぞ。タワーレコード (2009/04/08)

 

この10枚組のボックスセットは、超おすすめです。

 

ブルックナーの7番、

モーツァルトの38番・40番・41番"ジュピター"、

バッハのブランデンブルク協奏曲と10枚すべて超名演ばかりのセットです。

 



メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、猫の画像をクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング