ベルリンフィル

バイオリニスト

フィルハーモニクス ボヘミアン・ラプソディは映画だけじゃない 

こんにちは、 ともやんです。 以下の『』内の記事は、2018年12月8日に書いていて、そのままにしていた記事です。 でもCDを改めて聴いて、やはり素晴らしいのでご紹介します。 『世間で話題になっているウィーン・フィルのヴ...
チャイコフスキー

カラヤン チャイコフスキー 5番

こんにちは、 ともやんです。 僕は、チャイコフスキーの音楽が好きです。 その寒々としたロシアの大地を思わせながらもロマンティックで甘美なメロディーやチャーミングな節回しなど、魅力が尽きません。 僕は、北陸富山の海のすぐそ...
ベートーヴェン

フルトヴェングラー 戦時中のベートーヴェン 第4・5番&7番

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーの悲劇、いや当時の音楽家の多くがそのキャリアに多大な影響を受けた第二次世界大戦。 フルトヴェングラーは、その発端となったナチスドイツのおひざ元でベルリンフィルの首席指揮者と勤めて...
ブラームス

ベーム ベートーヴェン&ブラームス 名演の名盤 予約受付中

こんにちは、 ともやんです。 僕は、1970年の中学1年の時からクラシック音楽を聴くようになりました。 当時のアイドルはカラヤンです。 それの対抗馬としての存在が、カール・ベームでした。 華やかなカラヤンに対して、質実剛健...
ベートーヴェン

クリュイタンス ベートーヴェン 交響曲全集 おすすめ

こんにちは、 ともやんです。 僕がクラシック音楽に興味を持って初めてレコードを買ったのは、中1の時でした。それが17センチ盤で、フリッツ・ブッシュ指揮ウィーン交響楽団によるハイドンの交響曲第100番「軍隊」でした。 そして次に...
ベートーヴェン

クリュイタンス ベートーヴェン交響曲全集

こんにちわ、 ともやんです。 ベルギー出身のアンドレ・クリュイタンスによるベートーヴェン交響曲全集は、ベルリン・フィルハーモニー管弦団による一人の指揮者による初めてのセッション録音です。 ベルリンフィルは、1957年5月からス...
ドイツ・オーストリア

オイゲン・ヨッフムの名盤 ブルックナー交響曲第1番

こんにちわ、 ともやんです。 音楽評論家の福島章恭氏の著書に、 “世の中にはブルックナーを一瞬にして「天啓」と受け取れる者と「一生涯無縁」の者の二種類があるのだということです。” と記しています。 これは福島氏が音...
ドイツ・オーストリア

クラシックの名盤 ベルリンフィル シューリヒトの田園

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」 カール・シューリヒト指揮 ベルリン・フィルーハーモニー管弦楽団 1943年録音 カール・シューリヒトは、1880年ドイツ...
ドイツ・オーストリア

カラヤン 入魂のエグモント 序曲に戦慄

劇音楽『エグモント』作品84 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1969年録音 エグモントは、序曲は単独で演奏されますが、 全曲なるとなかなかないですね。 ...
オーケストラ

カラヤン&ベルリンフィル第九 20世紀に到達した究極の機能美

ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱』作品125 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1983年録音 1989年に81才で亡くなったカラヤンは、生前帝王と呼ばれ、 クラ...
タイトルとURLをコピーしました