ともやん

ピアニスト

ショパン ピレシュの禁欲的でピアノでしんみりと

ショパン:24のプレリュード 作品28 マリア・ジョアン・ピレシュ(ピアノ) 1975年 全開、アルゲリッチの演奏を紹介しました。 僕は、アルゲリッチがいまひとつわからないと書きましたが、 ピレシュの演奏で...
ピアニスト

ショパン アルゲリッチは華麗にして力強いテクニックだが、、

ショパン:24のプレリュード 作品28 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ) 1975年録音 僕はアルゲリッチが好きですが、 どうも彼女の弾くショパンが好きなれない、、、 なんか全部一緒に聴こえるんだよね。 ...
ピアニスト

シューマン 子供の情景 母を想う 

シューマン:子供の情景 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ) 僕の母は現在83才。 健在ですが、施設に入っています。 僕は1年に1度、故郷に帰省します。 その時は必ず施設の母を見舞いますが...
作曲家

ベートーヴェン「ドロテア・チェチリア・ソナタ」 イヴ・ナットの情感豊かな名演で

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番イ長調 作品101「ドロテア・チェチリア」 イヴ・ナット(ピアノ) ベートーヴェン45才の時の作品で、ドロテア・チェチリア夫人に捧げられた名曲です。 ドロテア夫...
作曲家

ドヴォルザーク、初期の交響曲は、ケルテスで決まり

ドヴォルザーク:交響曲第1番 ハ短調 作品3 「ズローニチェの鐘」 イシュトヴァン・ケルテス指揮 ロンドン交響楽団 1966年録音 ドヴォルザークは、生前に5つの交響曲を発表して、最後の「新世界より」は5番と...
ドイツ・オーストリア

クレンペラーの英雄 50年代も凄い!

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 オットー・クレンペラー指揮 ケルンWDR放送交響楽団 1954年(ライヴ) クレンペラーの偉大な演奏スタイルは60年代になって完成したと言われています...
ドイツ・オーストリア

クレンペラー 史上最速のブルックナー

ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 オットー・クレンペラー指揮 ウィーン交響楽団 1951年3月11日~15日 クレンペラーというと後年の録音にあるように 遅いテンポで刻明に演奏して行...
作曲家

シューベルト 短い人生を疾走した天才作曲家

シューベルト:交響曲第5番変ロ長調 D.485 ジョス・ヴァン・インマゼール指揮 アニマ・エテルナ交響楽団 フランツ・シューベルトは、僅か31才で夭折した天才作曲家です。 最後は、餓死同然で僅かなお金しか残っ...
作曲家

ハイドン 疾風怒濤期の傑作「受難」

ハイドン:交響曲第49番 ヘ短調「ラ・パッシオーネ(受難)」 クリストファー・ホグウッド指揮 エンシェント室内管弦楽団 僕が初めてクラシックのレコードを買ったのが、 中学1年生の時で、ハイドンの交響曲第100...
指揮者

僕の好きな指揮者 岩城宏之

こんばんは、今日は、名盤のご紹介を離れて、ちょっと私の自己紹介を兼ねて、クラシック音楽ファン歴をご説明したいと思います。 僕は、1957年生まれの会社員で今年60才になります。 僕のクラシック音楽歴は、小学校高学...
タイトルとURLをコピーしました