イッセルシュテットの悲愴 夢のオーケストラ ドイツ復興の夢を乗せて

  • 人気ブログランキング

ハンス・シュミット=イッセルシュテットのチャイコフスキーの悲愴。

 

彼の名演というとすぐウィーンフィルとのベートーヴェン全集とか、
手兵北ドイツ放送響とのブラームス交響曲&管弦楽集を思い浮かべます。

 

だからチャイコフスキーの録音があったんだ、というのが最初の印象。
そしてさっそく取り寄せて聴いてみました。

 

これがいいのです。

 

全く正攻法の直球勝負。

 

今回は、この硬質だけど素直で自然な演奏をご案内します。

 

詳しくは、拙ブログ「クラシック名盤 感動サロン」に書いています。
ぜひ読んでみてください。

 

下の猫ちゃんをクリックしてください!

▼ ▼ ▼

 

 

ハンス・シュミット=イッセルシュテットで聴く、
ベートーヴェンやブラームスは格調高い名演ばかりです。

 




そこには特別なことは何もしていないのに、
充実した響きと心のこもった演奏には深い感銘を受けます。

 

このチャイコフスキーもあくまで誠実に

どの部分もおろそかにせず描き切っています。

 

ハンス・シュミット=イッセルシュテットの指揮で聴く名曲は、

本当にいい曲だなと深い感銘を受けます。

 

指揮者の存在を忘れさせるような演奏ですが、それが彼の妙技なのかもしれません。

ずっと聴いていきたい指揮者ですね。

 



 

 

メルマガ「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」を始めました。

こちらのアルゲリッチのアイコンをクリックしてください。
メルマガ購読はもちろん無料です。
↓ ↓ ↓

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング