第九はホグウッド、素朴さと野性味と躍動の祭典

  • 人気ブログランキング

クリストファー・ホグウッド指揮
エンシェント室内管弦楽団
ロンドン交響楽団合唱団
オジェー(S)、ロビン(MS)、ジョンソン(T)、ラインハート(Bs)
1988年録音

 

まさに古楽ならではの素朴さと野性味と躍動の祭典です。

第1楽章から躍動感あふれる表現です。

 

何気く聴き始めるとどんどん引き込まれていく自分に気付きます。

 

そして野性味あふれる第2楽章、そして速いテンポで流れる第3楽章は、
遅めのテンポでしんみりも良いけれど、速いテンポはかえって新鮮で、
旋律の美しさを浮き出している様に思います。

 

そして、第4楽章は、冒頭より迫力溢れる表現で、ソリスト、合唱団も素晴らしいです。

 

もう発表から30年近く経ちますが、これほどフレッシュ、躍動感あふれる第九は少ないでしょう。

 

クラシックファン必聴の1枚です。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング