モーツァルトはクリップスで人間を取り戻そう

  • 人気ブログランキング

交響曲第21番~41番“ジュピター”
ヨゼーフ・クリップス指揮
コンセルトヘボウ管弦楽団
1972年~73年録音

 

まさにモーツァルトの宝石箱のような選集CDです。
どの曲の演奏も素晴らしいですが、まず40番ト短調から聴いてみます。

 

出だしのビオラの和音からもうぐっと惹きつけられます。
この感覚をなんと表現したらよいのでしょうか?
人の手からだけ編み出された工芸品のような、愛と温もりとやすらぎと深さを感じさせてくれる演奏です。

 

ひとつひとつの音を優しく包み込むような演奏です。

 

現代のデジタルな音楽演奏、録音にはない、何かがあります。

 

現代の管理社会に病み疲れた人は、この演奏を聴いて人間を取り戻してくださいね。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング