ブルーノ・ワルターの名盤 モーツァルト三大交響曲ニューヨークフィルとのモノラル

  • 人気ブログランキング

こんばんは、ともやんです。

 

ワルターのモーツァルトでは、

後年のコロンビア響とのステレオ録音が有名ですが、

 

演奏の内容自体は、50年代のニューヨークフィルとの演奏が優れています。

 

録音モノラルながら、鑑賞には十分でバランスよく内容も詰まっています。

 

本記事は、こちらをぜひ読んでください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブルーノ・ワルター モーツァルトの三大交響曲はニューヨークフィルで

 

ブルーノ・ワルターのモーツァルト演奏で名演の名盤となると、

晩年のコロンビア響とのステレオ録音ではなく、

50年代のモノラル録音だと思います。

 



 

 

まだ、現役でコンサートを行っていた頃で、

音そのものに力が漲っているし、音楽の運びにも勢いがあって、

聴くものを惹きつけて話しません。

 

中でも忘れられないのが、疾風怒濤を絵に描いたような25番と

全篇音楽の花園のような29番。

 

生命力旺盛な「ハフナー」

三大交響曲では、男性的な迫力に優れた39番、

ステレオ盤のりっぱさを凌ぐ気力のジュピターは絶品です。

 

=================

 

メルマガ「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」を始めました。

こちらのアルゲリッチのアイコンをクリックしてください。

 

メルマガ購読はもちろん無料です。
↓ ↓ ↓

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング