クリップス チャイコフスキー第5交響曲 ウィーン風の超美演

  • 人気ブログランキング

今日は、第二次大戦直後の混乱の中、

フルトヴェングラーもカラヤンもクナッパツブッシュも戦犯疑いで

演奏できない時期がありました。

 

そんな時ウィーン音楽界を支えたのが、ヨーゼフ・クリップス(1902-1974)でした。

お世辞にもイケメンとは言えないし、丸顔、メガネ、禿げ頭の愛嬌のある

風貌から受けるイメージとは違い、硬骨漢でさっぱりした印象の指揮者です。

 

ヨーゼフ・クリップスの名演中の名演、

チャイコフスキー交響曲第5番をお届けします。

 

この名演の名盤は、あの辛口評論家の故宇野功芳氏が絶賛している録音で、

僕もコバケンこと、小林研一郎の録音と合わせて大好きな録音です。

 



クリップスの名盤 チャイコフスキー交響曲第5番

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)
交響曲第5番 ホ短調 Op. 64
Symphony No. 5 in E Minor, Op. 64

 

1.(14:59) I. Andante - Allegro con anima
2.(11:28) II. Andante cantabile con alcuna licenza
3.(06:15) III. Valse: Allegro moderato
4.(12:09) IV. Finale: Andante maestoso - Allegro vivace
total(44:51)

 

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 - Vienna Philharmonic Orchestra
ヨーゼフ・クリップス - Josef Krips (指揮)
録音:1958年9月 Stereo

 

『ヨーゼフ・クリップス・エディション- The Early recordings -』

 

クリップスのチャイコフスキーの5番は、ウィーンフィルの美感と音の輝きを最大限に発揮させているので、

まるでリヒャルト・シュトラウスを聴いているような気分になります。

第三楽章のデリケートなエレガンスは他のどのCDよりも優れており、
両端楽章は彫りの深い、光彩陸離たる表現で、つねづねクリップスとは思えないくらい凄絶な迫力をみせている。宇野功芳著「名演奏のクラシック」講談社現代新書より

 

「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、猫の画像をクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング