ベートーヴェン 青春のピアノソナタ

  • 人気ブログランキング

ピアノ・ソナタ第1番へ短調 作品2の1
ピアノ・ソナタ第2番イ長調 作品2の2
ピアノ・ソナタ第3番ハ長調 作品2の3
ウィリヘルム・ケンプ(ピアノ)
1965年録音

 

ベートーヴェンは全32曲のピアノ・ソナタを作曲・出版しています。

 

20代前半から50代前半まで、1793年~1822年に掛けてで、

9曲の交響曲、16曲の弦楽四重奏曲、と合わせて

ベートーヴェンのライフワークと言うべく生涯に渡って作曲しています。

 

だから、初期の作品から順を追って聴いていくと、
曲想に人間としての成長が刻み込まれているのが感じられます。

 

さて、初期の作品2の3曲は、1793年~95年に掛けて、
ベートーヴェン23才から25才に作曲された曲です。

 

ベートーヴェンは、少年の頃から優れたピアニストだったので、
自分を表現する手段としてはピアノが最適だったのではと思います。

 

だから、大規模な交響曲に比べ、時々の心情も表現しやすかったと思います。

 

ピアノ・ソナタ第1番~3番は、まさに青春の1ページに希望と不安、夢と野望など感受性の豊かさを感じさせます。

 

それを録音当時70才の御大ウィリヘルム・ケンプが、青春時代を振り返るかのように懐かしい気持ちをいっぱい込めた演奏が好きです。

 

僕もそんな演奏が分かる年になったのかな。。。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング