ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 若き日の情熱

  • 人気ブログランキング

ピアノ・ソナタ第8番ハ短調『悲愴』 作品13
フリードリッヒ・グルダ(ピアノ)

 

この曲はベートーヴェンがまだ20代の1797年~98年に作曲されました。

 

僕は、この曲の題名『Pathetique(悲愴)』と曲想が前々からマッチしないよう感じていました。

 

題名はベートーヴェン自身が付けたのかどうか僕が調べても分からないが、出版の時には、このタイトルが付いていたようです。

 

でも、曲の内容は、日本語の悲愴=悲しく痛ましいとはニュアンスはかなり違うように感じます。
もっと、青春の苦悩とそれを克服しようというエネルギーを感じさせる曲です。そういう意味では、同じタイトルのチャイコフスキーの悲愴交響曲とは違いますね。

 

演奏は、透明なしっとりとしたタッチの美しいフリードリッヒ・グルダの演奏をおすすめします。

 

もう50年も前の録音ですが色褪せない名演です。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング