クレンペラー 変幻自在のモーツァルト

  • 人気ブログランキング

モーツァルト:セレナーデ第12番 ハ短調 K.388
モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551 『ジュピター』

 

オットー・クレンペラー指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
1968年5月19日

 

クレンペラーは、身体も大きく身長も190センチ以上あったそうです。
しかも鬼の形相のような顔つきで、笑顔なんて見せることがあるのか、
思わせる様な厳しい顔立ちです。

 

指揮台から、凝視されると気の弱い奏者なら身がすくむんじゃないと
心配になります。

 

僕がこのコンサートのライブを聴いて、クレンペラーが一層好きになってしまいました。

 

まず、セレナーデは、宇野功芳氏絶賛の「フィガロの結婚」の名演を思わせる様なチャーミングな演奏です。ひとつひとつの音符が大きいですよね。

 

そして「ジュピター」
第1楽章のなんと重々しいことか。
遅いテンポでスコアを観るように各楽器の旋律が、
明瞭に刻明に聴こえてきます。

 

第2楽章もスローなテンポはそのままで、澄んだ音楽を聴かせてくれます。

 

ところが一転、第3楽章は軽快なテンポで颯爽進んでいきます。
そして終楽章は、怒涛の追い込みです。

 

クレンペラーの持っているスタイルを全て出してくれる
変幻自在なコンサートであり演奏でした。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング