ベートーヴェン第7番 掘り出し物の名演

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92

 

グスタフ・クーン指揮
ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団
2005年11月~2006年5月ライブ録音

 

クーン&ハイドン管のCDは、中古店で偶然見つけ出した名盤です。

 

僕は定期的に新宿にあるディスクユニオンの

クラシック館に立ち寄ります。

 

お店に入るとまず僕はベートーヴェンの交響曲コーナーに向かいます。

そこで自分の勘を働かせて、CDをチェックしていくのです。

 

持っていないものはないか?
名演、迷演の予感を感じさせるものはないか?

 

このクーン&ハイドン管の全集CDは、
そんな中でも名演の予感がありました。

 

告白しますが、僕は最初、録音も新しいことから、
古楽器演奏で、クーンも30才から40才の若手か、と思っていたくらいです。

 

でも聴いてみて驚き、正統派の名演なのです。
なんといっても明るく逞しいベートーヴェンを聴かせてくれます。

 

この全集の中でも名演は、第3番英雄、第4番、そして第7番です。
この7番は、内声部の充実が凄いです。

 

 

ゴリゴリ、ゴリゴリと内声部の躍動感がたまりません。

こんな名演に当たることもあらるので、中古店通いは止められません。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング