クラシック名盤 清水和音のヒューマンなベートーヴェンを聴け!

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン(1770-1827)
ピアノ・ソナタ第2番イ長調作品2-2
ピアノ・ソナタ第9番変ホ長調作品14-1
ピアノ・ソナタ第27番ホ短調作品90
ピアノ・ソナタ第28番イ長調作品101

 

清水和音(ピアノ)
1996年6月30日(紀尾井ホール)

 

前回に引き続き、清水和音のベートーヴェン・チクルスからです。

 

なんといっても第28番が素晴らしい!

どっしりと落ち着いた風格が漂っています。

 

第1楽章は、思いのほどを込めた名演です。
第2楽章は、他のピアニストで聴くと浮ついて聴こえることもありありますが、清水和音の演奏は、腰が座って安心して楽しめます。
そして第3楽章は、この曲の白眉で、煌くような展開と温かな人間味溢れる演奏。

 

僕は、この第28番は大好きなので、いつもはフリードリッヒ・グルダの演奏をCDで聴いていますが、何か軽い感じがしていました。

 

でも清水和音の演奏は、地に足を付けて堅実でありながら、
心を込めた煌きのピアノです。

 

僕は、このCDで清水和音が大好きになりました。

 

僕より3才年下ですから、現在50代も後半。

現在は、より深い演奏を聴かせてくれるでしょう。

 

さあ、清水和音のコンサートに行かなければ。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング