僕は、ヨハン・セバスティアン・バッハが好きです。   と言っても、バッハは相当数の楽曲を書いていて、 とてもではありませんが、生きていいる間に 全部を聴くことが出来るかは難しいかもしれません。   さて、フーガの技法は、 バッハの最後の曲と言われています。   モーツァルトの「レクイエム」、 ベートーヴェンも後期の弦楽四重奏曲、 未完となったブルックナーの第9交響曲、…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン(1770-1827) ピアノ・ソナタ第2番イ長調作品2-2 ピアノ・ソナタ第9番変ホ長調作品14-1 ピアノ・ソナタ第27番ホ短調作品90 ピアノ・ソナタ第28番イ長調作品101   清水和音(ピアノ) 1996年6月30日(紀尾井ホール)   前回に引き続き、清水和音のベートーヴェン・チクルスからです。   なんといっても第28番が素晴らしい! どっ…

  • 人気ブログランキング

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲全集 岩城宏之指揮NHK交響楽団他   僕にクラシック音楽の楽しさと 小説の面白さを教えてくれたのは 二人のヒロユキさんです。   一人は指揮者の岩城宏之さん、 もう一人は小説家の五木寛之さん   共に1932年(昭和7年)9月生まれ。   岩城さんは10年以上前に亡くなりましたが、五木さん…

  • 人気ブログランキング

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第2番 ニ長調 作品36 交響曲第4番 変ロ長調 作品60   ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1948年10月ライブ(2番)、52年12月(4番)   第2番は、48年のライブで正規の録音ではないようで、 レコード盤針?それとも放送の雑音?が入っていて音質は劣悪です。…

  • 人気ブログランキング

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第1番 ハ長調 作品21 交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 1952年11月     ともに52年のEMI正規のスタジオ録音です。 フルトヴェングラーのライブで見せる、激しさ時には力みは影を潜め、 スケールは雄大で、彫りの深い演奏です。   録音もモノラルですが、正規の録音で、フルトヴェング…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」   オットー・クレンペラー指揮 マリア・シュターダー(ソプラノ) グレース・ホフマン(アルト) ヴァルデマール・クメント(テノール) ハンス・ホッター(バス・バリトン) ケルン放送合唱団、北ドイツ放送合唱団 ケルン放送交響楽団 1958年1月6日 ケルン・WDRフンクハウス・第1ホール(ライヴ)   たまたま新宿のデ…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」   オットー・クレンペラー指揮 ケルンWDR放送交響楽団 1954年(ライヴ)   クレンペラーの偉大な演奏スタイルは60年代になって完成したと言われています。   そしてその演奏が伝える芸術としての深さ、大きさも60年代に入って、 クレンペラーも70代半ばになってからとも言われています。 僕の好きな評論家・宇…

  • 人気ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング