ピアニスト・バレンボイム 煌きのベートーヴェン

  • 人気ブログランキング

ピアノ・ソナタ第5番ハ短調 作品10の1
ピアノ・ソナタ第6番ヘ長調 作品10の2
ピアノ・ソナタ第7番ニ長調 作品10の3

 

ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
1984年録音

 

バレンボイムは才能の塊のような人ですが、
僕はきちんとことがありませんでした。

 

若き日にクレンペラー&フィルハーモニアとのベートーヴェンの協奏曲全集を録音していて、クレンペラー・ファンの僕は、何度も聴いていますが、

 

完全にクレンペラーの重厚な演奏に耳が奪われ、ピアノは付け足し的にしか聴いていないし、バレンボイムも巨人クレンペラーに完全に食われてしまっていました。

 

今回、バレンボイム40代前半に録音したベートーヴェンのソナタを聴いて、こんなに煌びやかなピアノを弾くんだ、と感銘を受けました。

 

ベートーヴェンだから無骨がいいとは思いません。

こんなに煌いて華やかな演奏も良いですね。

 

この録音で、僕はベートーヴェンの初期のピアノ・ソナタとバレンボイムが大好きになりました。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング