ショパン ピレシュの禁欲的でピアノでしんみりと

  • 人気ブログランキング

ショパン:24のプレリュード 作品28

 

マリア・ジョアン・ピレシュ(ピアノ)
1975年

 

全開、アルゲリッチの演奏を紹介しました。
僕は、アルゲリッチがいまひとつわからないと書きましたが、
ピレシュの演奏では僕に感動が伝わりました。

 

同じ年1975年に録音されたアルゲリッチとピレシュ。
アルゲリッチが1941年生まれ、ピレシュが1944年生まれ。

録音当時二人とも30代前半で全盛期を迎えている時ですね。

 

アルゲリッチは華麗で力強い表現で、豪奢は雰囲気を漂わせているのに対して、ピレシュの方が、もう少し禁欲的で質素な感じを受けます。
そしてどこか懐かしさを感じさせてくれます。

 

僕はそんなところがピレシュに惹かれているのかもしれません。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
ぶろぐ村
人気ブログランキング